映画研究部NOAH

【コラム】映画研究部NOAH第25回「ヘアスプレー」

「ヘアスプレー」

大ヒットミュージカルを映画化!

日本でも2020年6月から日本人キャスト版初上演!

引用:https://soichiro.co.jp/blog/20191220/

 

⦅あらすじ⦆

人種差別の風潮がまだ残る1962年アメリカ合衆国ボルチモアが舞台。

大人気番組「コーニー・コリンズ・ショー」への出演を夢見る、踊って歌う事が大好きなビックサイズなガール・トレイシー〔主人公〕を中心に親友や両親・仲間たちとの絆を描くサクセスコメディ。

 

2002年のブロードウェイミュージカルでトニー賞最優秀ミュージカル作品賞など8部門を受賞した本作品。

冒頭から歌で始まり、歌で終わる。映画を見るのが苦手な方でもすんなりと入り込むことができる。

 

⦅圧巻の歌唱力⦆

出演者の多くが俳優・女優でもあり歌手でもあるため、高い歌唱力でダンスもキレキレ。

1970年代に一世を風靡したジョン・トラボルタが特殊メイクで主人公・トレイシーの母親役エドナを演じたことでも話題となった。

主人公・トレイシーを演じたニッキー・ブロンスキーは、ブロードウェイミュージカルを見てヘアスプレーのオーディションに挑戦したが、まだ幼かったため不合格に。

その後、学校でドラマやミュージカルを学び、学校主催の舞台にも多く出演するようになり、映画「ヘアスプレー」のオーディションに再挑戦した結果、見事1000人の応募者の中から17歳の若さで主役を勝ち取った。

本作品でゴールデングローブ賞主演女優賞にもノミネートされた。作中だけでなく実生活でも夢を掴んでいる。

引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/328271/photo/?page=3

⦅著者が思う最大の魅力⦆

私がヘアスプレーを見ようと思ったきっかけは、大好きな映画「ハイスクールミュージカル」シリーズの主人公を演じたザック・エフロンが出ていたためだ。

容姿も整っていて、抜群の歌唱力にダンスのセンス。

演技力もあり、セクシーさも兼ね備えている完璧な俳優であるザックは、本作でも、番組「コーニー・コリンズ・ショー」の人気出演者リンクを演じている。

アップで映った時のブルーに輝く瞳に吸い込まれそうになる。

引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/328271/photo/?page=5

⦅ミス・ヘアスプレーコンテスト⦆

映画のクライマックスのシーンとなるミス・ヘアスプレーコンテスト。

ブラック・デーが廃止になってしまい、デモを起こした事から番組プロデューサー・ヴェルマの策略により指名手配されてしまった主人公・トレイシーは黒人仲間や両親の協力のもと、番組のスタジオに忍び込む。

トレイシーを先頭に踊り出す出演者たち、生放送中に繰り広げられる心温まる展開に、見ているこっちまで思わず踊りたくなってしまうこと間違いなし!

 

⦅まとめ⦆

この作品は、主人公が夢に向かって頑張っている中で感じる黒人と白人の差別や、見た目に対する差別を乗り越えていく姿が描かれている。

『自分・他人を受け入れる』『ポジティブな心を持つ』『見た目を気にせず、みんな平等な社会を作ろう』とする、そんな主人公の勇気や仲間を思い行動する友情に思わず感動してしまう作品だ。

日本人は世間の目や他人の意見をすごく気にする国民性が強いため、周りを気にせず、自分の夢に向かって行動する主人公・トレイシーを見て、今とは違う考えを抱けるのではないだろうか。

 

 

 

【作品データ】
原題:Hairspray
公開:2007年
上映時間:117分
監督:アダム・シャンクマン
製作:ニール・メロン、クレイグ・ザダン
脚本:レスリー・ディクソン
撮影:ボジャン・バゼリ
衣装:リタ・ライアック

ヘアメイク:ジュディ・クーパー=シーリー
音楽:マーク・シャイマン

編集:マイケル・トロニック

 

キーワード検索から記事を検索

タグで記事検索