NOAH NEWS

【本人と弾いてみた企画】たなしん × かみじょうちひろ(9mm Parabellum Bullet)「ハートに火をつけて」完全レポート

2019年12月13日、サウンドスタジオノア学芸大店1Astにて、本人と弾いてみた企画~たなしん × かみじょうちひろ(9mm Parabellum Bullet)「ハートに火をつけて」~が開催された。

 

たなしん氏は、バンド「グッドモーニングアメリカ」のベーシストであり、現在自身のYouTubeチャンネル「タナブロ」にてYouTuberとしての活動もしている。

そのYouTubeチャンネルの中でも特に人気の動画が、たなしん氏が人気バンドの曲のベースパートを実際に弾く「弾いてみた」動画である。

今回は、その出張版の企画であり、人気バンドのメンバー本人と一緒に演奏してみたいというミュージシャンを一般から募集し、本人と一緒にワンコーラス演奏するという夢の企画である。

 

この企画は過去にも4回開催されており、ゲストは「the band apart」のベーシスト原昌和氏、「Nothing’s Carved In Stone」のドラマー大喜多崇規氏、「凛として時雨」のドラマーピエール中野氏、「東京事変」のベーシストであり音楽プロデューサーの亀田誠治氏と、どの回も豪華な面々であった。

 

そして今回のゲストは、結成15年を迎える人気ロックバンド「9mm Parabellum Bullet」のドラマーかみじょうちひろ氏である。

今回のセミナーは、サウンドスタジオノア最大のスタジオで開催され、演奏参加と観覧でそれぞれ約30名ずつの観客が集まった。

セミナーの進行役は、主催者でもあるたなしん氏とベースマガジンのプロデューサーである近藤氏。

挨拶とセッションの注意事項の説明の後、ゲストかみじょう氏が登場すると観客からは歓声があがった。

 

 

早速1回目のセッションへ移り、ドラムをかみじょう氏、ベースをたなしん氏が、ギターボーカルとリードギターは観客からの参加でワンコーラス披露した。

演奏後は、かみじょう氏も本物の9mm Parabellum Bulletのようだと参加者のスキルに驚きを隠せない様子だった。

対して、たなしん氏もかみじょう氏のドラミングに関して、ベーシストとして非常に弾きやすいドラムだと賛辞の言葉を述べた。

 

 

なお、今回のセッションで課題曲になったのは、2012年4thシングルとしてリリースされ、9mm Parabellum Bulletのライブの定番曲でもある「ハートに火をつけて」が選ばれた。

この曲は、歌謡曲的なメロディーのギターリフが特徴であり、スカのリズムが用いられ非常にノリの良い曲であるため、この企画にぴったりな選曲であった。

 

 

その後は、ドラムをかみじょう氏が担当し、その他のパートを観客からの参加者の編成で次々と披露していった。

参加者が変わるごとに、同じ曲でもまったく雰囲気が変わっていくのが印象的であった。

男性の参加者が多かったが、中には男性顔負けのパワフルなプレイを魅せた女性ベーシストや先陣を切って観客を煽り、会場を盛り上げてくれた女性ボーカリストもいた。

また、9mm Parabellum Bulletのグッズを身につけている参加者や、9mm Parabellum Bulletのボーカル菅原卓郎氏のサイン入りギターを持参する参加者もおり、参加者の9mm Parabellum Bulletへの愛が感じられた。

 

 

セッションの後半では、ドラムもかみじょう氏から参加者に変わり演奏を披露した。

参加者の中には、2019年12月よりオープンしたばかりのかみじょう氏のドラム教室「Drum Lab.」のレッスン生も参加していた。

演奏後には、かみじょう氏がドラムの参加者へ一人一人直々にアドバイスをしており、参加者にとってこの上ない経験になったのではないだろうか。

 

 

一番最後には、最初と同じようにドラムにかみじょう氏、ベースにたなしん氏、そしてギターボーカルとリードギターに参加者を迎え、最後はフルコーラスでハートに火をつけてを披露した。

ギターボーカルを担当していた参加者の提案で、最後は全員スタンディングでの観覧となった。

そのことにより会場のボルテージも最高潮となり、この日1番の盛り上がりをみせた。

 

 

セミナー最後には、出演者と参加者全員でたなしん氏の代名詞でもある「3、2、1、ファイヤー!」の合図で記念写真を撮り、終演となった。

 

 

今回の本人と弾いてみた企画は、参加者にとって非常に貴重な経験となったに違いない。

今回のセミナーを通して、たなしん氏、かみじょう氏のミュージシャンとしてのレベルの高さを再確認した。

また、開場から開演までの時間や、セミナー終了後には、集まったファン1人ひとりに自ら話しかけ、コミュニケーションを取っていたたなしん氏の姿が印象的であり、そのファンや音楽への真摯な姿勢こそが今回この企画を実現させ、これだけの参加者を集めることができた理由なのだと感じた。

ミュージシャンと近い距離になれることこそが、この本人と弾いてみた企画の最大の醍醐味であり、きっと参加者の思い出の大切な1ページとなることだろう。

 

このたなしん氏による本人と弾いてみた企画は、このスタジオノアで別のゲストを迎え、今後6回の開催がすでに決まっている!

次回は2020年1月27日(月)、ゲストは現在各フェスやイベントに引っ張りだこの人気バンド「夜の本気ダンス」よりベーシストのマイケル氏、そしてドラマーの鈴鹿秋斗氏である。

以降の日程やゲストも後日発表となるため、スタジオノアの情報、たなしん氏のYouTubeチャンネル「タナブロ」とともに逃さぬようチェックしてほしい!

 

【かみじょうちひろ】

長野県出身。2004年より、9mm Parabellum Bulletを結成しドラマーとして活動。2007年、「Discommunication e.p.」でメジャーデビュー。その他、さまざまなアーティストの作品やライブに参加するなどサポートドラマーとしても活動。2019年12月より本人がレクチャーするドラム教室かみじょうちひろ「Drum Lab.」OPEN。

かみじょうちひろ「Drum Lab.」:https://9mm.jp/kamijo/

9mm Parabellum Bullet公式Twitter:https://twitter.com/9mm_official

 

【たなしん】

東京都出身。2007年より、前身バンドから名前をグッドモーニングアメリカへ変更し八王子を拠点に活動。2013年、アルバム「未来へのスパイラル」で日本コロムビアよりメジャーデビュー。2020年2月より活動休止。上半身裸に短パン、サングラスというスタイルで「ファイヤー」の掛け声と共に会場を盛り上げる存在は唯一無ニ。2018年より、自身のYouTubeチャンネル「タナブロ」を開設、YouTuberとしても活動。

たなしん公式Twitter:https://twitter.com/tanashinGMA

公式YouTubeチャンネル「タナブロ」:https://www.youtube.com/channel/UCowane5hinv9_rLhlk1URSQ

 

次回はこちら!

【本人と弾いてみた企画】たなしん × マイケル&鈴鹿秋斗(夜の本気ダンス)「WHERE?」

日にち:2020年1月27日(月)

時間:開場19:00 / 開演19:30 (21:30終演予定)

会場:サウンドスタジオノア学芸大店 1Bst

東京都目黒区碑文谷5-25-10-1F

https://www.studionoah.jp/gakudai/accessmap/

料金:演奏参加¥4,000(税込) 観覧のみ ¥2,500(税込)

高校生以下 演奏参加¥3,000(税込) 観覧のみ ¥1,500(税込)

※ご購入の際、学生証のご提示をお願いいたします。

定員:演奏参加 40名 観覧のみ 20名

※演奏:ドラム5名様、ベース5名様、バッキングギター10名様、リードギター10名様、ボーカル10名様(ギターボーカル可)

チケット発売日:2019年12月21日(土)12時から

販売方法:NOAH各店舗 店頭または電話でのお振込受付

お問合せ:ノアスタジオ学芸大店

TEL 03-3710-2011(24h受付)

詳細http://book.studionoah.jp/2019/12/tana2/

キーワード検索から記事を検索

タグで記事検索