NOAH NEWS

【学芸大店】 ノア唯一のゲネプロスタジオとは!!

都内に21店舗展開しているサウンドスタジオノアの中でも唯一の“ゲネプロスタジオ”
があるサウンドスタジオノア学芸大店をご存知でしょうか?

 

 

学芸大店は7階建てのビル一棟丸々スタジオになっていますが、2F~7Fはダンスや演劇などのリハーサルスタジオ「ノアスタジオ学芸大店」なのです。
ただし、1Fは“ノアスタジオ”ではなく“サウンドスタジオノア”学芸大店…。
今回はそんなややこしい学芸大店の1Fに位置する通称「ゲネスタ」についてご紹介!

そもそもゲネって何??リハーサルとの違いは?
現場でちょくちょく耳にすることもあるこの「ゲネ」もしくは「ゲネプロ」ですが、
実は「ゲネラールプローべ」というドイツ語らしいです。
直訳するとゲネラール=総合、プローべ=稽古で「総合稽古」になります。
特に演劇やクラシックバレエなどで使われることが多いこのゲネという言葉。
ではリハーサルとはどう違いがあるのでしょう?
ズバリ一言で言うと「本番を想定した最終リハーサル」のようです。
演劇などにおいては本番と同じ環境(衣装を着るなど)・同じスケジュールで行う最終リハーサルがこの“ゲネプロ”になるようです。
つまりはリハーサルに比べてより本番に近いものがゲネプロになります。

 

 

ゲネプロに十分な広さのスタジオ
そんなゲネプロに最適なスタジオが今回ご紹介する学芸大店の1Ast・1Bstです!
本番を想定したリハーサルのため十分なスペースが必要です。
写真にある1Astは横幅16m、奥行き8mの広さはなんと85帖!!
かなり大きなステージまで再現できる広さですね!
また、正面が一面鏡になっているので自分たちのステージングの確認もできます!

 

 

60帖の1Bstも幅13m、奥行き8mあります。
また、それぞれのスタジオにはサブルームも併設されており、プライベート性の高い作りとなっています。

 

 

必要機材はオプションで!
機材を持ち込まれるお客様も多くいますが、オプションでアンプ類やドラムセットもレンタル可能です!
特に本番さながらのモニター環境を作り出す為に必要不可欠なミキサーとフットモニター(コロガシ)も充実しており、ミキサーはYAMAHAのデジタルミキサーQ L5、フットモニターはJ B LのS R X815(1A:最大8発、1B最大6発)をご用意しています。
ライブ同様の内音を想定してリハーサルが行えます。
デジタルミキサーQ L5はU S Bで設定を保存できるのでライブハウスに行ってU S Bの情報をロードすれば音作りも時短できますね!

 

 

こんな使い方も!
もちろんゲネ以外にも様々な使い方ができます。
スタジオ内にはネット回線も来ているのでP CにL A N ケーブルを繋いでライブ配信もできます

最先端のハイエンドスタジオ&大部屋でどのジャンルにも対応

ご予約はこちら↓↓↓

サウンドスタジオノア学芸大店
T E L:03-3710-2011
URL:https://www.studionoah.jp/gakudai/
Facebook:https://www.facebook.com/noahstudio.gakugeidai/
Twitter:https://twitter.com/noahstudio_gaku
Instagram:https://www.instagram.com/noah_gakudai/

 

キーワード検索から記事を検索

タグで記事検索