編集部コラム

【コラム】身近なアニソンの世界

皆さんは、オリコンランキングを気にしたことがあるでしょうか?
時折ニュース番組の中に紛れていたり、音楽番組の途中に紹介されていたりします。

下の表は、ここ最近のシングルの週間・月間オリコンランキングTOP10です。やはり上位なだけあって一度は聞いたことがある曲が多いですね。そんな中、赤い枠に囲まれた楽曲たちを読んでいる皆様はご存じでしょうか?「知っている!」と答えた方はおそらく筆者と同じ趣味をお持ちだと思います。これらの楽曲はすべてアニメに関する曲、いわゆる“アニソン”と呼ばれるものです。

 

今や日本の文化となっているアニメですが、曲まではちゃんと聞いたことがない、知らないという方も多いと思います。また、「アニメの歌だから…」と言って遠ざけてしまっている人も少なくはないはず。

確かにアニソンには過度に誇張された声色で歌われているもの、支離滅裂で意味が分からないがインパクトだけあるもの、いわゆる「電波ソング」と言われるものが多く、アニメ観賞を趣味に持たない人にはかなりきついものがあるのも事実…

だが、アニソンの中にも感情に訴えかけてくるようなもの、世界中から愛されているもの、誇れるものはたくさんあります。

ここでは筆者の思う誰もが知っていそうなアニソン、アニメを知らない方にもぜひ聞いてもらいたいオススメのアニソンを紹介します!

 

残酷な天使のテーゼ/高橋洋子

日本を代表するアニメの一つ「新世紀エヴァンゲリオン」のOPテーマであるこの曲。もはや知らない人はいないのではと思う。カラオケに行くと検索しなくても履歴やおすすめに上がるほど様々な世代に聞かれ歌われてきた楽曲だ。どこかの国では「アニメ界の国歌」と言われるほど。

 

前前前世 /RADWIMPS

2016年に公開された新海誠監督による日本の長編アニメーション映画「君の名は」の主題歌にもなったこの曲。英語版がリリースされるなど海外でもかなりの人気。
RADWIMPS初のアニメタイアップソングであり、ここからアニメに興味を持ってくれた方もいるのではないだろうか。

 

ピースサイン/米津玄師

ジャンプ・コミック原作のTVアニメ「僕のヒーローアカデミア」の第二期OPテーマであるこの曲。歌ったのはLemonやアイネクライネなどで知られる米津玄師。彼の名だけでも聞いたことがある方も多いのでは。アニメと絶妙にマッチした歌詞に聞き惚れること間違いなし。

 

心絵 / ロードオブメジャー

アニメ「メジャー」のOPテーマ。この曲も知っている方は多いのではないだろうか。メジャーという舞台の心得、アーティストからのみんなの心へ届いてほしいなど、様々な「こころえ」が込められている一曲である。

 

Redo / 鈴木このみ

TVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」第一期OPテーマ。この曲はおそらくアニメと無縁の生活をしている方には聞き覚えがないかもしれない。曲全体の雰囲気や歌詞が印象的な曲で、どんなに辛いことがあっても、未来には報われると信じ頑張っていける。そんな楽曲となっている。「涙さえ力に変えて、描いていた望む未来へ進む」筆者のお気に入りの歌詞である。ぜひ一度聞いていただきたい。また、このアニメはこの夏に第二期が放送が決定しており期待値が高まっている。

 

いかがでしょうか?

アニソンDJやアニソンセッションなどのイベントも増え出している昨今、

音楽の一つのジャンルとして認知され出しているアニソン。

実は身の回りに潜んでいるアニソン。

この記事から少しでも多くの人に興味をもってもらえたらと筆者は思います。

キーワード検索から記事を検索

タグで記事検索