NOAH NEWS

【初台店】Fender社のアメプロが遂にレンタルスタート!


Fender American Professional Precision Bass

 

初台店でFenderのAmerican Professional プレシジョンベース が ¥200/h~ でレンタル開始しました。
今回はプレシジョンベースの歴史とともに、初台店で初めて導入したAmerican Professionalシリーズについて解説致します。

 

〜プレシジョンベースの歴史〜

フェンダー社は 1951 年、ウッドベースに代わる全く新しいベースを発表し、それは”正確(な音程)”を意味する “Precision Bass”と名付けられました。

James Jamerson を初めとし、様々なベーシストに取り入れられ、数々の名演を生み出し、エレキベースのスタンダードとして愛され続けてきました。

ジャズベと比較するとサウンドバリエーションこそ少ないですが、その音の太さと、ウッドベースを思わせる温かく丸みのあるサウンドはプレベ にしか出せない魅力であると言えます。

 

〜American Professional シリーズとは?〜

2017 年に登場した American Professional シリーズは、それまでのプレベ の伝統を受け継ぎつつ、新たなスペックがふんだんに盛り込まれた頼れるパッシブベースです。

採用されている V-mod ピックアップは、低音側にアルニコ Ⅱ(*1)、高音側にアルニコ V が使用されており、異なる特性を持つマグネットをミックスすることで、パワフルかつ豊かな膨らみ感のあるトーンを実現し、フェンダーのヴィンテージライクな温かみとキレの良さ、明瞭さを持つクラシックなトーンを生み出しています。

*1 アルニコ磁石とは
アルミニウム(Alminum)、ニッケル(Nickel)、コバルト(Cobalt)の合金で、それぞれの頭文字を取ってアルニコ(Alnico)と呼ばれる。
磁力の強さは Ⅲ < Ⅱ < Ⅴ 。

 

◯ネックシェイプ◯
1963’C を採用。フェンダー黄金期と呼ばれるプリ CBS 期にあたる 1963′ のシェイプを再現しています。厚みがありながらもスリムに整えられ、表面の触り心地はサラサラとしていて指の移動もさせやすく、弾きやすいネックとなっています。

◯フレット◯
細めで背の高いナロートールフレットが採用されており、音のレスポンスの早さと優れたピッチ感を併せ持ち、なおかつビブラートなどの指技がしやすくなっています。

◯ペグ◯
新設計のギア式チューニングペグが採用されており、優れたサスティーンとチューニングの高い安定度を持ちます。シャフトが根本に向かって細くなるテーパー設計で、弦を綺麗に巻きやすい機構となっており、さらに、ナットに対して低いアングルから弦が掛かるため、開放弦の安定した鳴りを実現しています。

◯ブリッジ◯
HiMass Vintage ブリッジが採用されており、重厚で高い安定度から生まれる豊かなサスティーンが魅力です。裏通しも可能で、弦ごとにトップロードと選択することができます。

 

 〜スペック〜
Body : Alder
Body Finish : Gloss
Neck : Maple
Neck Shape : 1963C
Fretboard : Maple, 20F
Bridge : 4-saddle Himass Vintage
Tuning Machine : Fender Lightweight Vintage-style Key with Tapered Shafts
Pickups : V-mod Spirit Single-coil
Color : Antique Olive

 

 

 

以上のように、フェンダー社のこだわりを随所に感じるプレシジョンベースを、初台店にて体感してみてはいかがでしょうか。レンタル料金は ¥200-/1h(+tax) となります。

 

初台店の最新情報はこちらからご確認いただけます↓
WEB:https://hatsudai.studionoah.jp
Twitter:https://twitter.com/NOAHhatsudai Facebook:https://www.facebook.com/SoundStudioNOAHhatsudai/ Instagram:https://www.instagram.com/noah.hatsudai/

 

 

キーワード検索から記事を検索

タグで記事検索