NOAH NEWS

【NOAH College】Yukihide “YT” Takiyama × 320design ギターセミナー 完全レポート

2019年7月13日、サウンドスタジオノア学芸大店1Astにて、Yukihide “YT” Takiyama氏によるギターセミナーが開催された。
YT氏は、LAで活躍中のギタリストである。

B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-のサポートメンバーとして来日し、ツアー期間中にもかかわらず、今回のギターセミナー開催に至った。

今回のセミナーの会場となったスタジオは、サウンドスタジオノア最大のスタジオで、約120名の観客で埋まった。

サウンドスタジオノアで行ったセミナーでは過去最大の動員となった。

 

 

今回のセミナーの進行役は、YT氏と古くからの知人でもあるエフェクターメーカー320designの三潴氏。

YT氏と三潴氏が登場すると、客席から歓声が上がった。

YT氏がギターをセットすると、早速1曲披露してくれ、観客は、至近距離での生演奏に早くも魅了されていた。

 

 

トーク部分では、B’zのツアーの感想についての話が繰り広げられ、そのあとはYT氏がツアー中にも実際に使っている機材について詳しく解説。

ESPのLPタイプのギターを紹介した際には、ギターの好みは女性の好みに似ると冗談交じりに話し、会場が笑い声に包まれる場面もあった。

また、アンプやエフェクターの解説だけではなく、使用している弦やピック、スライドバーなどの詳細な部分や、ボウイング奏法を電気的に行うことのできるEbowについて実際にどのような音作りで使用しているのかというところまで解説してくれた。

スライドバーは陶器製のものにこだわり煌びやかな音色が気に入っていると語り、愛用のスライドバーを使った1曲をここで披露してくれた。

 

 

YT氏の仕事や影響を受けたミュージシャンについての話も展開された。

アレンジャーとしてB’zの楽曲制作に携わったときの話から、YT氏が思うB’z松本氏のすごいところなど語った。

ふだんあまり聞くことのできない貴重な話に、観客も真剣に耳を傾けていた。

また、YT氏は兄から教えてもらったというVan Halenや、父親がたくさん持っていた昔のレコードを聴いて育ったことが影響しているなど、生い立ちについても語った。

 

 

ほかに、YT氏による奏法の解説も行われた。

タッピングや指弾きの解説では、観客から希望者を募りYT氏直々のレッスンが行われた。

選ばれた観客は、憧れのYT氏を前に緊張している様子だったが、貴重な経験になったのではないだろうか。

 

 

最後にも生演奏が披露され、セミナーの幕が降りた。
その後も、YT氏の使用している機材を実際に試奏でき、その場で同じモデルを買うことのできる試奏販売会も行われ、セミナーが終了した後も会場はたくさんの観客で賑わっていた。

今回のセミナーは、貴重なトークと生演奏、そしてグッズの販売など豪華な内容で、観客も満足していたのではないだろうか。

今後もサウンドスタジオノアでは、このようなイベントを開催していく予定である。

見逃さぬようチェックしてほしい!

 

 

 

Yukihide “YT” Takiyama

兵庫県出身。ボストンのバークリー音楽大学にて編曲とオーケストレーションを学ぶ。ロサンゼルスに移転し、THE BOXING GANDHISのメンバーとなる。 その後、COLBIE CAILLATのバンドに参加し、ライブ活動を行う。また、日本でも嵐、KAT-TUNなど数々のアルバムレコーディングの監督や楽曲提供を行う。2010年より、氷室京介と共演。氷室京介のアルバムやシングルにアレンジャー、ギタリストとして参加。また氷室京介とGOSPELS OF JUDASというユニットを結成し、アルバム「IF」をリリース。2017年以降、YTは氷室京介を通じてB’zとの共演を開始。アルバム「Dinosaur」や「New Love」でアレンジャーとして参加。 B’z Live-Gym 2019-Whole Lotta NEW LOVE-の日本ツアーのギタリストとして参加。現在も、ロサンゼルスに在住。

キーワード検索から記事を検索

タグで記事検索