新製品情報

【新製品情報】MAD PROFESSORから高機能ドライブペダルが登場!

 

〜至高のトーン〜

 

Supreme(至高)と名付けたのは、純粋にトーンと機能性において優れた一品だからです。Supremeは、ギターサウンド・ソムリエとして世界に名高いマット・スコフィールド氏とのコラボレーションによって生まれました。

 

マット氏監修の元、最高峰のオーバードライブ・サウンドと優れた機能性を追求しました。ひとつの筐体にペダル2台分の機能をそなえており、一度のスイッチ操作だけで両者を切り替えることも出来ます。

 

Aサイドは、主にフロントピックアップ使用時にブースター~ローゲイン・オーバードライブとして使うのに最適です。Bサイドは主にブリッジピックアップでの使用に向いており、パワーアンプのようなレスポンスと広いヘッドルームを備えたファットでダイナミックなサウンドが特徴です。マット氏はこのようにSupremeを使用しています。

 

〜幅広い音作りが可能〜

 

どのようなギターを使っていても、ネックとブリッジの両ピックアップに最適なトーンを設定でき、一度のスイッチ操作で両者を簡単に切り替えられます。どちらのセクションにもトレブル/ベースのEQを備えており、非常に幅広い音作りが可能です。

 

上記のような使い方以外にも、たとえばシングルチャンネルのアンプ使用時に片方をリズムトーン、片方をリードトーンとして使用する、というような応用もできます。

 

2つの歪み回路がそれぞれ独立したゲイン/ボリューム/EQを備えており、ワンプッシュで両者を切り替えられるのです。これはすなわち、プログラマブルスイッチャーなどを使わずに2つの『チャンネル』を切り替えられるとも言えるのです!

 

もちろん、左右の歪み回路を切り替えるだけでなく、同時に組み合わせて使うこともできます。2つの回路をスタックすることで、Supremeのさらなる可能性を見出すことができるでしょう。特に、よりハイゲインでコンプレッションの強いサウンドにしたい時にはこの設定が最適です。

 

Supreme。至高のオーバードライブをどう使うかは、あなた次第です。

 

 


※こちらの製品はスタジオノアでレンタルはしておりません。もしスタジオでレンタルをご希望の方はスタジオノアのホームページの右下にある「ご意見/ご感想」のバナーからお問い合わせください。

キーワード検索から記事を検索

タグで記事検索