新製品情報

【新製品情報】RMEから16ch×16chのAD/DAコンバーターが新登場!

 

~高音質かつ高機能!~

 

スタジオやライブの現場で安定した妥協のないパフォーマンスを高音質で実現するためにデザインされたFerrofish Pulse16 DXは、16チャンネルのバランス・アナログ入出力に加え、1系統のDanteオーディオ・ネットワーク・ポート(RJ45 x 2)、1系統のMADIポート、4系統のADATポートを搭載する極めてコストパフォーマンスに優れたAD/DAコンバーターです。

 

Pulse16 DXは、16 x アナログ入出力をDanteネットワークに統合し、さらにADAT、MADI、Danteのデジタル・インターフェイス間のフォーマット・コンバーターとしてもご利用いただけます。

 

~直感的なオペレーション~

 

フロント・パネルに備える2つのTFTスクリーンには、インプットとアウトプットすべてのチャンネル、計32チャンネルのレベルメーターを表示します。

 

Pulse16 DXは、16のチャンネルのアナログ > デジタル変換と、16のチャンネルのデジタル > アナログ変換を同時に行うことができます。

 

ADAT、MADI、またはDanteのデジタル・インターフェイスを選択でき、これらを通じて8チャンネル単位で自由にルーティングできます。

 

また、ヘッドフォン・アウトからは、サブミックスの単一チャンネル・ステレオペアのモニタリングが可能なため、信号をPulse16 DXを経由させることで、現場でのオペレーションの信頼性が向上します。

 

~優れた音質~

 

Pulse16 DXは、洗練されたアナログ・アンプや強力なジッター除去回路と共に、Cirrus Logic社の高品位コンバーター・チップが使われており、48kHz使用時も192kHz使用時も高い分解能を備えた高音質を実現しています。

 

~多チャンネルの長距離伝送にも余裕で対応~

 

MADIに対応するPulse16 DXは、アナログ 16チャンネル、ADAT 32チャンネル、Dante 64チャンネルを自由にルーティングし、すべてのオーディオ信号をMADIに変換できます。

 

例えばRME Fireface UFX+とMADI接続を行うことで、RME Fireface UFX+のすべてのアナログ入出力、ADAT入出力、AES/EBU入出力に加え、MADIで接続されたPulse16 DXの入出力をFireface UFX+に追加することができます。

 

* ADAT x 4:192kHz時:最大8チャンネル

* Dante x 1:192kHz時:最大16チャンネル

 

最大4台のPulse16 MXをMADIを用いてデイジーチェーン接続することで、64のアナログ入出力を48 kHz伝送することも可能です(MADI x 1: 48kHz時:最大64チャンネル、192kHz時:最大16チャンネル)。

 


※こちらの製品はスタジオノアでレンタルはしておりません。もしスタジオでレンタルをご希望の方はスタジオノアのホームページの右下にある「ご意見/ご感想」のバナーからお問い合わせください。

キーワード検索から記事を検索

タグで記事検索