新製品情報

【新製品情報】RMEから多チャンネルにも余裕で対応可能なI/Oが登場!

 

〜高機能ながらコンパクト!〜

 

Digiface Danteは、RMEの高い信頼性と実績を誇る技術と、様々な現場で運用されているオーディオ・ネットワーク規格「Dante」とを融合させた、コンパクトなオーディオ・インターフェイスです。

 

PCとの接続には広帯域のUSB 3.0を採用し、MADIとDanteをあわせた合計256チャンネルにも余裕を持って対応することができます。

 

強力なデジタル・リアルタイム・ミキサーTotalMix FXと、リモート・コントロール・ソフト「TotalMix Remote」を使って離れた場所から自由にミキシング/ルーティングを変更することが可能です。

 

コンピューターを使用しないスタンドアローン・モードでは、Dante<>MADIコンバーターとしても、Danteスイッチング・ハブとしても機能し様々な現場で柔軟にお使いいただけます。

 

~主な機能~

 

オーディオ・インターフェイス市場において定評のある RME のドライバー技術により、低レイテンシーと安定性は従来どおりに、256 チャンネルものオーディオ・データを直感的に扱うことが可能です。

 

搭載されるヘッドフォン出力は、ヘッドフォンによるモニタリングはもちろん、ステレオ・ライン出力として活用することもできます。

 

Dante ネットワークと接続を行うイーサネット・ポートは、プライマリーとセカンダリーをそれぞれ 2 つ、計 4 つ搭載し、冗長性を備えるだけでなく、4 ポートのスイッチング・ハブとしても活用することができます。

 

また、コンピューターとの接続を行わないスタンドアローン・モードにも対応しており、スタンドアローン時は、シンプルな「Dante<>MADI コンバーター」として機能します。

 

また事前に設定しておくことで、任意のミックスをヘッドフォン・モニタリングすることも可能です。

 

また、RME の提供する MADI 伝送技術により、MADI 機器との接続の際には MADI 信号内のクロックを認識するため、別途ワードクロックを接続する必要はありません。

 

* MADI コアキシャル入出力端子はワード・クロック入出力端子と切り替えて使用します。

 


※こちらの製品はスタジオノアでレンタルはしておりません。もしスタジオでレンタルをご希望の方はスタジオノアのホームページの右下にある「ご意見/ご感想」のバナーからお問い合わせください。

キーワード検索から記事を検索

タグで記事検索