新製品情報

【新製品情報】Leqtiqueから2作目の空間系が登場!

~待望の空間系2作目はリバーブ!~

 

Leqtiqueの空間系エフェクターとして2作目となる、 “Stellaclasm” は、既にコンパクトサイズエフェクターのリバーブ設計において評価の高いBeltonのリバーブユニットを使用したスプリングリバーブをシミュレートした優等生タイプのデジタルリバーブ。

 

ミニコントロールであるStellaを時計回りに回して行くと、“Stellaclam”(星座粉砕)というエフェクター名を造り出すこととなった、もし星が散りゆく様があれば…といったイマジネーションの沸く近未来4次元的な残響音を生み出します。

 

~コントロール~

 

Level:ドライシグナルとリバーブ音のウェットシグナルの比率を決めます。

 

0%では完全なドライシグナルのみとなり、100%にすることで、 原音以上のリバーブサウンドがミックスされることとなります。

 

Tone:リバーブ音にのみかかるハイカットのイコライザーとなっており、時計回りに回すことでリバーブ音を籠らせていきます。

 

Decay:時計回りに回すことでリバーブのタイプを残響音の短い短いスプリングタイプのものからより奥行きのあるイメージのケーブタイプのものへと変化させます。

 

Stella:回路的には一般的なリバーブ回路と、それを積分する構造の受け渡しのRatioを決めるようなものとなっており、時計回りに回していくことで一般的なスプリングタイプをシミュレートしたリバーブ音はどんどん変化していき、最終的には非常に宇宙的で弦振動に極めて敏感な表現力に溢れた音色となります。

 


※こちらの製品はスタジオノアでレンタルはしておりません。もしスタジオでレンタルをご希望の方はスタジオノアのホームページの右下にある「ご意見/ご感想」のバナーからお問い合わせください。