楽器NEWS

Pearl エリミネーターシリーズ

 

エリミネーターは従来のドラムペダルに様々な改良と機能の追加をした画期的なペダルとして2000年に発売されました。

ペダルの調整箇所といえばビーターの角度、長さとスプリングの強さのみでしたが、新たにフットボードのグリップ感と長さ・チェーンとベルトの交換・カムの交換機能が追加された事で様々な踏み心地に変化しました。

更にベアリングの改良によりスムーズな動き・フェルトが入ったスプリングによるノイズ軽減と完成度が高い万能傑作機と呼べるペダルです。

発売後も上位機種のデーモンシリーズに採用されたニンジャベアリングとコントロールコアビーターを取り入れたエリミネーター2、2016年にはカムホイールの軽量化とフットボードの耐久性が向上したエリミネーターレッドラインが発売され、エリミネーターの進化はまだまだ続いています。

セッティング・パワーシフター

フットボードのヒール部が3段階に調整でき、踏み心地を変える事ができます。
一番遠いLIGHTはフットボードの前方が下がるので踏み込みが浅くスピーディーな動きになりました。一番近いSTRONGは上がる事で踏み込みが深く、パワーのあるサウンドが得られます。

セッティング・カム

カムは色によって形状が異なり、購入時は黒、白、赤、青が付属しています。 黒と白は真円型でクセのないキャラクターで、白は黒より一周り大きく、より軽いアクションです。
赤と青は中心軸からずれた偏芯型で、青は初速が速くスムーズな動き、赤は細かい動きができます。

セッティング・アジャストメント

ビーターの角度はそのままにフットボードの角度が変えられる機能・角度が変わる事で踏み込みの深さが変わり、踏んだ後の戻りの調整にもなります。