音楽とお仕事

【音楽の仕事(東京都):新卒採用】「音楽業界で働くことの楽しさを表現していく窓口となれたら」

今まで音楽とはまったく関係のない仕事をしていたけど、やっぱり音楽と関わった仕事がしたい!

でも経験を問われるところが多い…

でもやったことないからできない…

そうやって音楽業界への転職を諦めた経験ありませんか?

スタジオノアは、そんなまったく関係ないお仕事に従事していた方を大歓迎しております。

 

経験・知識は一切必要ないです。

 

楽器弾けないスタッフ、PA・レコーディング機材を一切触ったこともなければ、

今まで「音楽は聞く専門」というスタッフも多数います。

音楽のお仕事で経験・知識が必要ないとなると、仕事内容が気になるところ。


Q. 自身のプロフィールをお願いします。

群馬県出身の25歳です。幼稚園からの習い事で水泳に打ち込んで、オリンピックに出たい!などと宣っていた夢見る少年でした。
4歳の時にCASIOのおもちゃみたいなキーボードを祖母から譲ってもらい、それが嬉しくて毎日のように弾いていました。学校から帰ってきたら鞄を投げ出して宿題よりもまずキーボード、という生活がルーティンになっていました。
キーボードにひたすらのめり込んで流行りの曲やゲーム音楽、CMソングなどを聴いて弾くのが好きで、それが自分の音楽的な遍歴の始まりじゃないかなと思います。
当時自分の中にバンドという概念自体がなく、よく聴いていたASIAN KUNG-FU GENERATIONをロックバンドとして認識したのは高校に入ってからでした。高校の友人の影響でRADWIMPSとマキシマム ザ ホルモンとStevie Ray Vaughanにどハマりしてギターも始めました。大学の時に軽音サークルに入ってコピーバンドをやったり、先輩のバンドでキーボードでサポートに入ったり、音楽漬けの毎日でした。 就職活動を始めた時は接客業をやりたくて旅館やホテルへの就職を考えていましたが、「やっぱり違うよな」と感じて思い切ってNOAHへの入社を決めました。大学4年生の頃からアルバイトとして働き始めました。

Q. 入社して楽しいこと、やりがいはなんですか?

大学の時にギターやシンセにどっぷりハマって、いろんな機材を知ることが自分の楽しみなので、機材に囲まれている環境がすごく楽しくて、キツイなと思ったことはほとんどないと思います。新しい機材を知っていって自分のキャパシティが増えていくことを嬉しく感じる機会が多いように思います。そういった経験を通して、自分自身の成長を実感できることにやりがいを感じています。

Q. 仕事以外の幸せはなんですか?

食べることが本当に好きなので、気になるお店に出かけてそのままその街を散策したり買い物したりすることが多いですね。

Q. 今後どのように活躍していきたいですか?

今年度からリクルーターという役職にも携わることになりました。来年度入社してくる方のサポート・今年度入社したスタッフのサポートを通じて、音楽業界で働くことの楽しさを表現していく窓口となれたらと思います。

最後にオススメの曲、People In The Box 「かみさま」


お客様の為に、お客様目線で

サウンドスタジオノアはいわゆる「スタジオ業」としてではなく、接客サービス業として「お客様の為に、お客様目線で」という言葉をスローガンに掲げ、接客業No.1を目指しています。

明るく、音楽が大好きで、好奇心旺盛

そんなノアが求める人材は、サービス業ですので、まず明るい人物であること。

音楽に関わる仕事ですので、音楽が好きだということ。

新しいアイディアを形にしていきたいので、好奇心の大勢な人を求めています。

皆様のご応募、心よりお待ちしております。

http://www.studionoah.jp/recruit/