楽器NEWS

NAMM SHOW 2018 レポート~その2~

アメリカで開催されている世界最大の楽器の展示会「NAMM SHOW」。

様々な楽器メーカーが、このNAMM SHOWで新製品を発表する。

2018年は、1月25日から28日まで開催された。

実際に現地に行き、気になったものをレポート!

 

【BEATBOX DRUMS】

バスドラが箱型のドラムセット。

音のバランスが良かった。

 

【KELLY SHU】

バスドラの中に設置できるショックマウント付きマイクホルダ。

 

【SOUND synergies】

様々なメンテナンスグッズがあるが、ドラムヘッドやスティックチップ用のWearBarrierは珍しい。

汚れを取り、さらにコーティングすることによって、寿命を延ばしたり音やチューニングを改善するらしい。

ぜひ試してみたい。

 

【HUMES&BERG】

HUMES&BERGのドラムケース。

鮮やかな緑色が、会場でもひときわ目立っていた!

 

【RAT DISTORTION】

 

ペダルで有名なRATのFXケーブル。

どんな音がするのか興味津々。

 

【Tone Ally】

ドラムスティックをまっすぐ上下にコントロールできるようにするトレーニンググッズ。

難しいのかな?

 

【ORTEGA GUITARS】

オシャレな木製ペダル。

 

【照明】

照明のエリアとなっていたアリーナエリア。

鏡を使って、どこまでも下に続いているかのようなLEDパネル。

 

【CHINAエリア】

今回多かったのは、光るスピーカー。

いたるブースでスピーカーが光っていた。

 

それと、こちらのスチールドラム。

複数のブースで、たくさんの展示があった。

 

その1へ

http://book.studionoah.jp/2018/01/namm-1/