新製品情報

【新製品情報】Roland!リコーダー感覚で気軽に演奏できるデジタル管楽器 『エアロフォン』に新色「グラファイト・ブラック」が登場!

『Aerophone AE-10G』 (グラファイト・ブラック)

 

2016年10月に発売した「Aerophone AE-10」は、ジャズ、クラシック、ポップスまで幅広く演奏されるサックスをベースに、Rolandの最新技術を駆使して生み出された新しいデジタル管楽器です。『Aerophone』は、サックスの音色はもちろん、管弦楽器から尺八や二胡などの民族楽器まで一台で50種類以上の音色を楽しめ、リコーダー感覚で気軽に演奏できるほか、ヘッドホンを使用すると、時間や場所に制限されることなく、いつでも練習することができます。発売以来、管楽器愛好家の方々にご好評をいただいており、当初の販売予定を大きく上回る反響を得ています。

2016年10月発売の「Aerophone AE-10」

このたび、その『Aerophone』に、新たなカラーバリエーションとして「グラファイト・ブラック」モデルの『Aerophone AE-10G』が加わります。メタリック感のある黒のボディで、従来のホワイトカラーとは異なるクールな仕上げとなっており、お好みの演奏スタイルにあわせて『Aerophone』をお選びいただけます。

品名/品番

デジタル管楽器 『Aerophone AE-10G』(グラファイト・ブラック)

価格
オープン価格

発売日
2017年10月

初年度販売台数(国内/海外計)
4,000台

毎日自宅で練習できる

『Aerophone』は、ヘッドホンを使うと、外に一切音が漏れないので、いつでもどこでも演奏可能。ご自宅でも毎日練習を続けることができます。

初心者の方は、リコーダー感覚で演奏できる

『Aerophone』は、リコーダーのように息を吹き込むだけで音が鳴らせるので、初心者の方や、演奏にブランクがある方、ご高齢で肺活量に自信がない方でも、簡単にきれいな音を出すことができます。『Aerophone』をリコーダーの運指に切り替えると、簡単な運指で気軽に演奏を始めることができます。

これからサックスを習う方は、ボタンの位置や配列などアコースティック・サックスの運指に準拠している『Aerophone』で、まずサックスの運指を習得するという使い方もできます。自宅では『Aerophone』を使って運指を練習し、レッスンではアコースティック・サックスを演奏するなど、併用することでサックスの上達にもつながります。

サックス経験者の方は、多彩な楽器音色で演奏を楽しめる

『Aerophone』は、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4種類すべてのサックス音色はもちろん、フルート、トランペット、バイオリンなどの管弦楽器から、尺八や二胡などの民族楽器、パワフルなシンセ・リードまで、多彩な55音色を内蔵しています。『Aerophone』は、アンブシュア(吹くときの口の形や状態)をはじめ口や喉を使った奏法の練習効果が見込めるわけではありませんが、経験者の方にとっては、運指の練習だけでなく、サックス音色以外の多彩な音色を使ってイマジネーション豊かに演奏したり、吹く楽しみをさらに広げる楽器としてお使いいただけます。音色やブレス・コントロールなどを自分好みにカスタマイズできる無料アプリ「Aerophone Editor」を使うと、より表現力豊かな演奏も可能です。

また、ケーブル1本でスマートフォンとつなぎ、スマートフォンで再生したあこがれの曲をバックに自分がソロ部分を演奏するということも可能。電子楽器である特徴を生かし、『Aerophone』と当社の手のひらサイズのオーディオ・ミキサー「GO:MIXER」を使うと、簡単に高音質で自分の演奏動画をスマートフォンに収録でき、そのままYouTubeなどへ動画をアップロードすることができます。

無料アプリ「Aerophone Editor」

無料アプリ「Aerophone Editor」を使うと、『Aerophone』本体ではできない複雑な音づくりや、ブレス・コントロールなどを細かく設定できます (iOS/Android対応)。『Aerophone』を自分好みにカスタマイズして使いこなしたい方に最適です。

https://www.roland.com/jp/products/aerophone_editor/

製品ホームページ

https://www.roland.com/jp/products/aerophone_ae-10/


※こちらの製品はスタジオノアでレンタルはしておりません。もしスタジオでレンタルをご希望の方はスタジオノアのホームページの右下にある「ご意見/ご感想」のバナーからお問い合わせください。