新製品情報

【新製品情報】Wren and Cuff(レナンドカフ)からマフ系ペダル! Eye See Pi 登場!

Wren and Cuff / Eye See Pi

世界中のギタリストが知る“マフ”というファズ。長年に渡り制作されているペダルであり、その間に様々な姿を変えてきたこともよく知られています。

1976年、内部のトランジスタが集積回路、すなわち“IC”“Op-Amp”に変更されました。1978年までの2年間しか制作されなかったこのバージョンは、“ICマフ”等と呼ばれています。

この時期のICバージョンのサウンドは、“サイアミーズ”期のスマッシングなトーンとして知られています。分厚く重たいトーン。通常のトランジスタモデルと比べてクリッピングセクションの違いなどにより、多くのヴィンテージマフペダルが甘いトーンを持つのに対し、IC期のモデルはより派手でクランチなトーンを作ります。

Wren and Cuff Eye See Piは、IC期のマフサウンド、回路をコンパクトペダルに再現しました。

“マフマスター”のWren and Cuffが制作したこのペダルは、特に1978年、“Tone-Bypass”スイッチの付いたタイプのICマフを再現します。

TONE BYPASSスイッチは、トーン回路をバイパスしてオープンかつ生々しいサウンドを作ります。マフサウンドのまた違ったフレイバーを味わうことができます。

●コントロール

VOLUME:音量を調整します。

TONE:音色を調整します。

DISTORTION:歪みの強さを調整します。

TONE BYPASS:トーン回路をバイパスするスイッチです。バイパスするとTONEノブは無効となります。

Eye See Piは、スタンダードなDC9Vセンターマイナスアダプター、または9V電池で駆動します。

種類:ファズ(ギター用)

アダプター:9Vセンターマイナス

電池駆動:9V電池

コントロール:VOLUME、TONE、DISTORTION、TONE BYPASS

製品ホームページ

https://www.lep-international.jp/home/2017/7/28/icwren-and-cuff-eye-see-pi


※こちらの製品はスタジオノアでレンタルはしておりません。もしスタジオでレンタルをご希望の方はスタジオノアのホームページの右下にある「ご意見/ご感想」のバナーからお問い合わせください。