NOAH NEWS

【レンタル機材情報】MESA/BOOGIE 50Caliber 下北沢店にてレンタル開始!!

MESA/BOOGIE 50Caliber 下北沢店にてレンタル開始!!

MESAのヴィンテージアンプが下北沢店に、まさかの導入!!!

見た目によらずの大音量、現行のメサにはない上品な歪みで、名機と言われる所以がわかります。

LEAD/RHYTHMの2チャンネル仕様で、チャンネル切替はフットスイッチとGAINコントロールをPULL。グラフィックEQも搭載し、キレイめクリーントーンからハイゲインなドライブまで、幅広く網羅しております。

雰囲気を醸し出すKOAハードウッドキャビネットのオールチューブコンボアンプで、年代物とはいえ、メンテされて再度生まれ変わったこちらのアンプ。

そんなレア機材を今回は下北沢店の楽器オタク2人がレビューをまとめました!

これを読んだら奏でずにはいられなくなる、、、!!かも?

 

No.1 メンテ、機材知識は俺に任せろ! 長岡幸太郎

 

「ギターアンプ」と聞いて、皆さんはまず何を思い浮かべるだろうか?

Marshall,Roland,Fender…etcetc

メーカーの名前を出す人やJCM900といった型番が出てくる人も多いかもしれない。

バイアス値やインピーダンスといった専門用語が出てきたあなたは相当マニアックな人だろう。

今回紹介するのはメサブギー、カタカナで表記するととても可愛らしいアンプだ!

僕がこのアンプを鳴らしてまず思ったのが、歪みの音圧の迫力さだ。

歪みに関しては、並大抵のアンプでは出せない、クリアでダーク…ある意味グレーとも言える「圧」がこのアンプにはある。

また、クリーントーンも素晴らしい。

澄んだアルプスの天然水を彷彿とさせる澄んだ音をしていた。

(結構本気で思いました)

同社のレクチファイヤーも鳴らしたことがあるが、それにも匹敵する位の感動と爆音を体感した。

特筆すべきはグラフィックEQの効きがエグいこと!

ミリ単位で動かしても顕著に、いや主張が激しすぎる位に効く。

是非ともV字セッティングを試して頂きたい、そして何かしらのコードを鳴らして頂きたい。

どの音楽ジャンルでも弾けるようなカッチョイイ音が出るではないか!?

するとどうだろう?

初めてスタックアンプを鳴らした、あの青春の日々が甦って来るではないか!

はっきりと言わせてもらおう!

このアンプはただのビンテージハイゲインアメリカンアンプでは無い!

ギターに憧れて掻き鳴らし、ステージに初めて立ったときの感覚を思い起こさせる素晴らしいアンプなのだ!

 

No.2 道産子ギタリスト 成田悠人

 

クリーンChは、ピックアップの選択によって、繊細で煌びやかなトーンから太く甘いトーンまで幅広い印象です。また、程よいコンプ感もあるので、アルペジオやカッティングなど気持ちよく弾けると思います。

ドライブChは、かなり強く歪ませても音の芯がしっかり残っている印象です。また、EQの効きが非常に良いので、積極的なサウンドメイクができます。

動画の後半ではGAINをフルアップし、アンプ内蔵のリバーブも加えてレスポールのフロントPUで弾きました。ブースターなどを用いなくても伸びのあるリードトーンが特徴の1台となっております。

 

 

 新しく下北沢店の仲間へ加わったMESA/BOOGIE 50Caliber

この機会にぜひ皆様も、この感動を味わいませんか??

下北沢店にてレンタルお待ちしております!


サウンドスタジオノア下北沢店

TEL: 03-3466-0058
URL: http://shimokita.studionoah.jp
Instagram: https://www.instagram.com/studionoah.shimokitazawa/
Facebook: https://www.facebook.com/noahshimokitazawa
Twitter: https://twitter.com/Noah_Shimokita