音楽コラム集

コラム【ピュアソング:22歳】ふたりごと by RADWIMPS

コラム【ピュアソング:22歳】ふたりごと by RADWIMPS

ピュアな曲とはなんなのか?

今までで判明した真のピュアソングが持つ要素は、「厭らしさを感じない」「恋の歌」「正」この3つだ。真のピュアソングを体系化する企画なのに3つの要素だけじゃお話しにならない。そんなわけで鼻水を垂れ流しつつ年末の寒さと闘いながら今日もチェリーズのピュアな部分をひん剥いていく。きっと真のピュアは鼻水の様に止まらず溢れ出るものだと信じて。

というわけで第3回のチェリー(22歳)セレクトはRADWIMPSの「ふたりごと」だ。

この曲で気に入ったのは距離感を歌っている部分。
前半は「そんなお前の父ちゃんと母ちゃんの 心と心くっつきそうなほど近くにいた二つの想いと想いが」、後半の「俺は地球人だよ いや、でも 仮に木星人でも たかが隣の星だろ? 一生で一度のワープをここで使うよ」と、どんなに遠くても心の距離は近いということを歌ってる様に感じる。心の距離感は非常に大事な物と筆者は思っているので、この心の近さというのにすごくピュアさを感じた。

今回協力してくれたチェリー(22歳)によると「君と書いて「恋」と読んで 僕と書いて「愛」と読もう
そうすりゃ離れそうもないでしょう? いつかそんな歌作るよ」の歌詞がぐっときて二人で恋愛していこうみたいな気持ちになるそうだ。筆者は彼の返答を訊いてむず痒い恥ずかしい気持ちになったが、これこそが真のピュアソングが持つ魔力なのかもしれない。チェリーが惹かれるのならそうに違いない。

うむ、この曲もピュアである!ピュア度100点!!!

今までのチェリーズの協力で気づいたことが一つある。
ピュアソングを考察するという名目なのに、私は殆ど楽曲に触れず歌詞をメインにピュアかどうか判断してしまっているのだ!!あれ……つまり歌詞がピュアならピュアソングなのだろうか……。まだ見ぬチェリーにはこの疑問を解消してくれるような選曲を期待したいものだ。

考えれば考えるほどピュアの沼は深く、もう全ての曲がピュアソングに聴こえてくる今日此の頃。みなさん如何お過ごしだろうか。体調を崩しやすいこの時期、みなさんの身体の心配をしながら筆者は夜の闇(夜勤)に消えていく……。