音楽コラム集

コラム【ピュアソング:20歳】BABY BABY by 銀杏BOYZ

コラム【ピュアソング:20歳】BABY BABY by 銀杏BOYZ

ピュアな曲とはなんなのか?

純粋で混じり気なく汚れのない心を持っていればその答えがわかるだろう。
というわけで今回、ピュアの代名詞であるチェリーボーイズにあなたの思うピュアソング、ラブソングを聞いてみた。
ピュアな人間が選ぶピュアソングならそれはピュアであるに決まっているのだ。と筆者は信じている。といいつつ厳密なピュアソングの定義がわからないので筆者の独断と偏見でレビューしていく。沢山のチェリーズの声を訊いていけば自ずと答えは出てくるだろう。maybe めいびー……

そんなわけで第一回目のチェリー(20歳)セレクトは銀杏BOYZの「BABY BABY」だ。

曲を聞く前に銀杏BOYZというだけでチェリーなイメージが湧いてくる。筆者もチェリーだった頃にチェリーだけで集まって銀杏BOYZのコピーバンドをしたものだ。
銀杏BOYZがチェリーズから強い指示を受けているのはストレートでフックの効いたフレーズ、聴いているとすぐに口ずさんでしまう魅力的なメロディライン、何よりもチェリーのコンプレックスを歌にした曲が多いからではないだろうか。

その中でも人気の高い「BABY BABY」は、元々銀杏BOYZの前身バンドであるGOING STEADY時代に作られた曲だ。ファンの中ではどっちのバージョンが好きかで論争になることも多いだろう。個人的にはGOING STEADY時代の方が真っ直ぐ尖ったチェリーな勢いを持っていて心に響く。

”永遠に生きられるだろうか 永遠に、君のために”

これを純粋と言わずになんと言うのだろう。とにかく厭らしさを感じない、とても綺麗でキラキラした君への想いを歌ったこの曲。最初の街はイルミネーションの件で既に何だがピュアだなと感じてしまうのは筆者だけだろうか……。とにもかくにも「BABY BABY」この曲はピュアである!ピュア度100点!!

…………さて、初回にして100点が出てしまったこの企画。そもそも点数制の企画だったのか、はたして次回に続くのか、先行きが不安である。だがしかし!真のピュアソングを求める我々の旅はまだ始まったばかり!次なるチェリーを求めて筆者は夜の闇(夜勤)に消えていくのだ……。


 

銀杏ボーイズ 公式HP http://www.hatsukoi.biz/