野方店

【レポート】五十嵐公太 Presents Drums&X(Others)スペシャルクリニック ゲスト:河村カースケ智康

【レポート】五十嵐公太 Presents Drums&X(Others)スペシャルクリニック ゲスト:河村カースケ智康

nb26_p6_1.jpg

2015年4月12日、サウンドスタジオノア野方店にて、ドラムクリニック「五十嵐公太Presents Drums & X (Others)」が最終回を迎えた。このイベントは、五十嵐公太氏が毎回1人のゲストを迎えてセッションあり、トークあり、笑いありの1時間30分となっており、好評を博してきた。最終回のゲストは、河村カースケ智康氏!

クリニックは、公太氏とカースケ氏のセッションでスタート!
満場の参加者に「ドラマーの人?」と問いかけると、9割近くが手を挙げた。まさにドラマーによるドラマーのためのクリニックだ。
両氏のトークが始まると、まず話題になったのがカースケ氏の使うドラムセットの低さ。タム類はすべて真上を向いて沈み込むようにセッティングされている。公太氏も「低い!」を連発するほど。本人の「”最低の”セット」という自虐発言も飛び出すものの、ドラムに埋まっていたいという感覚から結果こうなったとのこと。
また、カースケ氏は、師匠を持たず誰からも正式にドラムを習ったことがないという。カースケ氏のスタイルは真に自己流で生み出されたものなのだ。
ドラマーにとって興味津津の内容が明らかにされる一方、カースケ氏は運転免許を7回更新したが、写真の見た目が1ミリも変わらないという驚異的な事実も!

そして、観客の質問アンケートをもとにしたカースケ氏への質問タイムに突入。

【Q1:いままでどのような練習をしていましたか?】
ルーディメンツのような基礎練習はほとんどしたことがありません。では何をしていたかというと、ひたすらコピーをしていました。

【Q2:スネアの真ん中を叩いていないですが、理由はありますか?】
ベンチャーズが好きなんですけども、メル・テイラーの叩くスネアの音が甲高いカン! という音なんです。その音に近づけるため、ヒットポイントを変えていったらこうなりました。良いか悪いかわからないけれども、クセになっていてもう元に戻すことはできません。

【Q3:会場の大きさと人数でプレイの意識は変わりますか?】
とくに変わりません。お客さんとの距離で緊張とかはするけど、ドラムを叩くということは変わらないので。大きい会場も小さい会場もそれぞれおもしろさはあります。

【Q4:今まででこれは失敗したという経験はありますか?】
「これは完璧! 100点」だと思ったことはないね。プレイ後は反省点が多いし、リハでもライブも一緒で、この感覚がなくなってしまったらやめると思う。人がプレイしているのはすごく良く見えるけど、叩いている本人が納得していないことは多いと思う。

【Q5:譜面は読めたほうがいいですか?】
自分もあんまり読めません。ですが、ルール通りではなくても自分だけがわかる譜面でもいいから書けた方が、構成を覚えられないときとかに便利です。
【Q6:チューニングのコツを教えてください。】
具体的な数字ではなく、自分のニュアンスだから一概には言えないですが、表と裏のピッチを同じにしてから、裏面を少し上げる。こうすることで音に芯が出てサスティーンも伸びる。「表はピッチ、裏は音色」として調整しています。

恥ずかしがり屋だというカースケ氏だが、一つひとつの質問に懸命に答える姿が印象的だった。

実演では、椎名林檎の「正しい街」とJUJUの「やさしさで溢れるように」を披露。
「正しい街」は、デビューアルバム「無罪モラトリアム」の1曲目として有名だが、カースケ氏によると、同じデビューアルバムつながりで、レッド・ツェッペリンの「I」収録の1曲目「Good Times Bad Times」を意識していたという。なかなか興味深いエピソードだ。
また、「やさしさで溢れるように」に関してはBPMが約80という、速くなってしまいがちな非常にやりにくいテンポだが、曲そのものの良さが曲の世界に入り込む余地を与えてくれるため、いい具合にテンポキープができるのだそうだ。これもコピー練習をひたすら続けてきた強みのひとつなのかもしれない。

その後、どんなドラムセットでもその人の音になるという話題から、お互いのドラムセットを交換しプレイをするという貴重なシーンも見られた。「低い…、低いっ!」と何度も漏らす公太氏。カースケ氏は、なんと20年振りに2バスに挑戦。せっかくだからと踏みまくり、「明日は筋肉痛だな」と一言。そして、2人ともお互いのセットで確実に自分の音をものにしていた。さすがとしか言いようがない。
最後に自身のセットに戻り、もう一度セッションを行い大盛況のうちに幕を閉じた。

nb26_p6_2.jpg

nb26_p6_3.jpg

nb26_p6_4.jpg

本番終了後、2人そろって話を聞くことができた。

—このクリニックそのものの開催目的は何でしょうか?

五十嵐公太(以下、公太):様々な人と一緒に行うことで、1人ではできない内容を実現できること。また、参加者との距離の近さを有効利用した1歩踏み込んだ会話や内容など、通常のクリニックでは体験できない内容にしたかったことですね。

—その距離の近さは、本日のクリニックでもいかんなく有効性が発揮されていましたが、実際行ってみての感想をお願いします。

河村”カースケ”智康(以下、カースケ):緊張はしました。何度やっても慣れないものです(笑)

公太:やっぱり生の音を間近で聞いてもらいたいですから。最近はYouTubeで満足している人も多いと思うのですが、やはり生の音というのは全然違うので、ぜひ聞いてもらいたいですね。

—今まで多くのゲストをお招きしましたが、オファーは公太さん自身がなさっています。ゲストを決めるときの決め手はありますか?

公太:交友関係のみですね(笑)

—カースケさんは選ばれていかがでしたか?

カースケ:うれしかったですが、自分はこういうのは苦手でして…

—公太さんの意外な接点が垣間見えますね。

カースケ:ドラマーって横のつながりが多いんだけどね。実際一緒にドラムを叩くという機会はあまりないと思うんですよ。こういったクリニックは非常におもしろいよね。なんか、イエーイってなる! これはドラムだからできる特性だと思うよ。

公太:ドラムってルールが細かくなくても一緒にできる楽器だと思います。

カースケ:叩くだけってのは、難しくなくて一緒にやりやすいね。

公太:それと、ドラマーって良い人が多い気がします(笑) 他のパートってイメージですが厳しい人が多いように感じますね。とくにギタリスト(笑)

カースケ:鍵盤の人のほうが厳しいよ(笑)

—ライブやPVではクールな公太さんのイメージがありますが、実際はフランクにお話しなさってますね。ギャップと言いますか、そういうのがバレるのは大丈夫なんでしょうか(笑)

公太:(笑)大丈夫です! 気にする人だったら、こういった企画は行っていないと思いますよ。そういう歳でもないですから(笑)

—本編でも質問がありましたが、カースケさんのセットはいつ頃からあの低さになったのですか?

カースケ:そーだね…、最初は低くはなかった。自分のバンドがデビューしたころ、何かセッティングで面白いのないかなと思っている中で、好きなドラマーが割と低いセッティングの人が多いことに気付いた。その影響が強いかな。それだけ。

—最初は叩きづらさもあったのではないでしょうか。

カースケ:いや、叩きづらいとかそういう問題じゃなかった(笑) 見た目オンリー! 今やあの形からは逃れられないよ。

公太:イスの低さは尋常じゃないですよ(笑)

カースケ:ニトリで買えるんじゃない?(笑) おしりにも優しくて良いんだよ。ドラマーは居住性大事だね。

—居住性(笑)

カースケ:ドライビングポジションと一緒で、低いと落ち着くんだよね。最低ですから(笑)

—では最後に、今回でクリニックがラストとなってしまいましたが、シーズン終了を迎えての感想をお願いいたします。

公太:自分が本当に見たいドラマーと一緒に行えました。この距離で一緒に演奏できることは、そうそうないですし、1人ではできないこの時間は自分にとって幸せです。今回もカースケさんを間近で見ることができましたし、改めて気づかされる部分も多かったです。この気持ちを参加者にも分けてあげたいという思いでやっていました。

カースケ:今回、公太が引きずり込んでくれて良かった。何度も言うけど、一緒にプレイするチャンスはなかなかないのでありがたい限りです。

公太:ツインドラム自体、ライブでやることはそんなにないですもんね。今の若いドラマーは、生でプロの演奏を見ていないと思うんですよ。やはり、生で感じる音はまったく違います。カースケさんは、こんなにロックドラマーなんだ! って感じるハズです。

カースケ:体感や経験っていうのはすばらしいもので、モチベーションも上がりますしね。

—それを証明するように、今日見に来られた参加者の方もイベント終了後そのままスタジオで個人練習に入られる方が多かったそうです。

両名:(笑)

公太:ライブやこういったクリニックに足を運んで、とにかく肌で感じてほしいです。若いドラマーには、とくに見てもらいたいですね!

カースケ:そうですね。そう思います!

ライブ会場とは違うリハスタの特性を、最大限に有効活用したこのクリニック。今回のシーズンは終了となったが、またの再開を切に願う! そのときは、ぜひ足を運んでみてほしい!
(NOAH BOOK久保田 恭介)