ドラム・パーカッション

【レポート】五十嵐公太 Presents Drums&X(Others)スペシャルクリニック

24_p4_1.png

4年前に大好評を博したドラムクリニックがseason2となって帰って来た。このクリニックは、ステージもない小規模な空間で、プロの技が間近で体感できる希少なクリニックとなっている。
今回は、夏休みスペシャルということで、3日連続、超豪華なゲストを迎えた。第一線で活躍するプロのドラマー同士の演奏や話は、ドラマーはもちろんミュージシャン必見の内容となった。

8月15日(金) 第2回 Guest 「LEVIN」
24_p4_levin.jpg
【演奏曲】
「偏西風」 La’cryma Christi
「くじら12号」 JUDY AND MARY

バンドの中でのドラムの役割、楽曲を活かすドラムプレイ等、バンドマンには実用性バツグンの内容が満載だった。始めは大きい音を出すことばかり考えていたが、今は小さい音で演奏するほうが難しいことがわかりプレイスタイルが大きく変わったという話など、説得力ある充実したクリニックとなった。

【質問内容】
・スティック回しのやり方
・バンド演奏時に大事にしていること など

8月16日(土) 第3回 Guest 「Toshi Nagai」
24_p4_toshi.jpg
【演奏曲】
「The Chicken」 セッション
「Cantaloupe Island」 セッション

ドラム五十嵐氏とNagai氏の両名に加え、サポートギターとベースの計4名でのセッションセミナーとなった。両名の深い経験と確かな実力に裏打ちされた圧倒的なドラムプレイに加え、途中来場者も参加し一緒に演奏するという超貴重な内容となった。

【質問内容】
・普段やっている基礎練習
・長くドラムを叩くために気を付けていること など

8月17日(日) 第4回 Guest 「ゆうや」
24_p4_yuya.jpg
【演奏曲】
「cosmetic」 SID
「BIRTHDAY SONG」 JUDY AND MARY

五十嵐氏はJUDY AND MARY時代に実際に使っていたドラムセット、ゆうや氏は現在使っているドラムのフルセットを持ち込んでのクリニックとなった。この両ドラムセットを間近で見られるだけでも貴重だが、ゆうや氏自らのセット内容の楽器ひとつひとつを鳴らしての解説と実際に使用している楽曲の紹介まで行われた。

【質問内容】
・学生時代のドラムの練習方法
・ドラムフレーズの作り方 など

第5回の11月16日のゲストは、多数のアーティストのツアーやレコーディングに参加しており現在最も多忙なドラマーの一人である村石雅行氏。
今後も、この五十嵐公太Presents Drums&X(Others)スペシャルクリニックから目を離すことができない!

24_p4_muraishi.png