音楽コラム集

【コラム】ゆる〜いヒットの作り方 #15「ストリート・ジャズ・フェスティバルに参加しよう! 」

 この8月にJR錦糸町付近や東京スカイツリー付近を中心に「すみだ・ストリート・ジャズ・フェスティバル」という大規模な野外音楽イベントが開催された。「東京スカイツリー」のオープンを見込んで、今年で3回目を迎えたこのイベントは、墨田区内の屋内外約30ステージで約250バンドが参加。2日間に渡りストリート・ライブを繰り広げる、なかなか大きなフェスティバルだ。しかもプロとアマチュアが入り交じってステージを披露し、メインステージでは日野皓正さんなど有名ミュージシャンも出演。お酒や軽食も楽しめるし、ジャズに馴染みのない方でも気軽に観覧できるgoodなイベント。
 実は、こういった野外音楽フェスは夏〜秋にかけて日本各地で行われていて、そのほとんどが入場無料で開催されているから驚きだ。今回はこの「ストリート・ジャズ・フェス」を特集したい。
 大阪は高槻駅前の会場を中心にして、毎年ゴールデンウィークに開催される「高槻ジャズストリート」。毎年10万人以上が訪れる。9月には、今年で第22回を迎えた「定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台」が開催。700バンド以上、5000人近い人が参加。70万人以上が訪れるビッグイベントだ。九州は博多中州を中心に開催される「中州ジャズ」(プロのみ)。同じく九州は天神地区で開催される「MUSIC CITY 天神」。10月に開催される「横濱ジャズプロムナード」(有料イベント)など、さまざまな野外イベントが開催されるが、ほとんどのフェスでボランティアが中心になって運営し、プロとアマチュアが混合で参加している点が魅力的だ。
 アマチュアミュージシャンの方は、ホームページ上に設けられる応募フォームから応募。実行委員会の厳正な審査を受けて出演が決定される。結構ドキドキする瞬間だ。これらのイベントは、地域興隆と同時に、音楽を愛する人口を増やし、音楽文化の発展に大きく貢献する大切な取り組みだと思う。誰でも気軽に楽しめる垣根の低いイベントが私は大好きだ。これを読んでいるアマチュアの方々も腕試しと運試しをかねて、ぜひ応募してみてほしい。きっと新しい音楽の楽しみ方が見えてくるのでは!

各フェスのWEBはこちら
◆すみだ・ストリート・ジャズ・フェスティバル
http://sumida-jazz.jp/sj/
◆高槻ジャズストリート
http://www.0726.info/
◆定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台
http://www.j-streetjazz.com/
◆中州ジャズ
http://nakasujazz.net/
◆MUSIC CITY 天神
http://www.musiccitytenjin.com/
◆横濱ジャズプロムナード
http://jazzpro.jp/

masa125.jpg
マサハラタニ
Gibsonブルースギターコンテストグランプリ受賞。数々の音楽ワークに携わった後、CM 音楽プロデューサーに転身。代表作は任天堂DS、ミツカン酢など。作編曲や歌手、ギターインストラクターとしても活躍中。
http://jp.myspace.com/masaharatani