音楽コラム集

【コラム】ラッコのドラム時字通信 #13「ドラマーからのご質問 Vol.2」

 流行だけでたくさん製造されたレコードやCDや楽器達。その中で、今も残って輝き続けているのは? 「本物だけ」ですよね。そんな時代を超える音や活動を目指して、いつまでも偉大なるミュージシャンの軌跡を学び続けましょう。
 今回もご質問に僕なりにお答えしたいと思います。

「気持ちよくシャフルを叩くコツを教えてください」

 これは、シャッフルが何かを理解することが重要なのじゃないかと思います。
 シャッフルとは、3連符の真ん中の音を鳴らさない、跳ねたようなフィールです。ってことは、まず3連符を正確に修得することが必要です。そして、1音目から2音目の休符の長さがノリに関係する重要なポイントだと知ることです。
 奇数拍はオンタイム(メトロノームと同じ)、その裏拍の長さでシャッフルを表現します。『RACCOの相対性リズム論上巻』にアニメーションで解説させていただいているのですが、さらに突き詰めるとファスト・ミデアム・スローではそれぞれ休符の長さが変化するのです。テンポによる微妙なグルーブの変化を修得することが重要ですね。

16_racco1.png

 故エルビン・ジョーンズが、ジャズのシンバルレガートの音符で説明しています。 ※譜面
 これを理解して、指と手首を連動させた動きをマスターすれば速く叩けるようになります。この練習方法は、また次回! 「練習は不可能を可能にする」。最近、僕はコンビネーションのバリエーションを増やす練習に取り組んでいます。では、またお会いしましょう!

racco125.jpg

三嶋 RACCO 光博
Drummer&Producer
シアターブルックのドラマーとしてEPIC SONY RECORDSよりアルバム発表後、聖地霊地を巡る。m-flo、Ryohei、雅、KenKen、ボニーピンク、竹内まりや、山下達郎、ほか共演多数。楽器を問わずグルーヴレッスンもしていますので、興味のある方は気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご質問は
Email : camnacorp@gmail.com
http://www.myspace.com/raccospace

ツイッター名変更しました。
@mishimaracco2です。