ライブ

【レポート】2012.5.6 CHARITY LIVE "KIZUNA"

16_kizuna1.jpg

2012年5月6日(日)新代田FEVERにて、サウンドスタジオノア主催のチャリティライブイベント「KIZUNA」が開催された。ライブPAチームSPCが行っている「東北ライブハウス大作戦」をフィーチャーし行われた今回のチャリティライブ。その想いに賛同してくれた4組のアーティスト達が、ゴールデンウィーク最後の夜に熱いライブを披露してくれた。

16_kizuna_sfpr.jpg
2012年突如デビューし活動間もない彼ら。まだまだ多くの謎に包まれているが、そのライブパフォーマンスは圧巻だった。曲が始まりその謎のベールが明けたと同時に、フロアのテンションも一気に急上昇。会場中が、そのダンサブルな曲調に身を任せ酔いしれた。全10曲、濃いパフォーマンスと衝撃を与えてくれた。今後の活動から目が離せない!

16_kizuna_jabberloop.jpg
サックスとトランペットが奏でる主旋律に合い交わる鍵盤とリズム隊。そのサウンドに終始魅了されるオーディエンス。その卓越された演奏に、会場からは自然と拍手が起こる。アップチューンしかり、聴かせるメロウなクラブジャズサウンドしかり、そのすべてにJABBER LOOPの魅力がぎっしりと詰まっていた。

16_kizuna_prague.jpg
今回唯一の3ピースバンド。高いグルーブ感と研ぎすまさせた彼らの演奏力は、3人とは思えないほどのサウンドの厚みを生み出しフロアを沸かした。曲中には、今回のイベントタイトル「KIZUNA」への思いをのせた楽曲も披露。会場を一体感に包んだ。

16_kizuna_raidbackocean.jpg
登場前から会場内の期待と興奮がビシビシと伝わる中、彼らの登場により場内のボルテージは最高潮へ。そのハイパフォーマンスに、ファンの目から涙も見られた。全7曲が終わってもフロアの熱気は止まず、急きょアンコールを敢行。イベントの締めにふさわしいエンディングを演出し、鳴り止まない拍手の中、彼らはステージを後にした。

16_kizuna_uranosu.jpg

ライブ転換中のMCには、ノアライブではおなじみのお笑い芸人「ウラノス」が登場。普段とは違うライブハウスというステージ上でありながら、会場中を笑いの渦に巻き込みイベントを盛り上げた。
今回のライブで得た収益は、東北ライブハウス大作戦へ全額寄付された。サウンドスタジオノア各店では、引き続き同団体への募金箱を設置しているので、スタジオ利用の際には、ぜひ募金のご協力をお願いしたい。
また、このチャリティライブは継続して行くとのこと。次回の開催も楽しみだ!
(NOAHBOOK 廣瀬正幸)