音楽コラム集

【コラム】ゆる〜いヒットの作り方 #10 「ACジャパン −CM自粛とサウンドロゴ削除を巡って−」/マサハラタニ

 先日の大震災を受けて、多量にオンエアされてしまったACジャパンのCM。広告を自粛しようとした企業がCM差し替えを求めた結果、CMのほとんどがACジャパンのCMに差し替えられました。
 ACジャパン(旧公共広告機構)は、大手企業や広告代理店などから構成され、社会と公共の福祉に貢献することを目的として設立された社団法人。設立当初から一貫してヒューマニズムに徹した広告を作り続け、国内外の名誉ある賞を受賞してきました。
 にもかかわらず、あまりに大量に連続してオンエアされたために、視聴者から苦情が寄せられ、「♪エーシー」というサウンドロゴ部分の音声取り消しを行うという異例の出来事が起こりました。
 そもそもサウンドロゴとは、企業のブランドイメージを決定づける音の「表札」のようなものです。わずか2〜3秒の短いフレーズで、言葉のインパクトが強く残るように作曲され、1回聞いただけで企業のイメージをピタリと記憶させる音楽作品。そんな印象の強いフレーズが連続してオンエアされたとあっては、耳障りと言われるのも無理はありません。
 しかし、サウンドロゴの作曲には相当な経験値と力量が問われるのです。一時的に音を消す処置があったとしても、音量を下げて流すとか、数回に1回に限って流すなどの妥協策はなかったのでしょうか。意図せぬ苦情に、作曲家の方は、さぞ心を痛めていらっしゃることでしょう。
 その後、ACは猛スピードで震災特別CMを作り上げオンエアを始めました。問題はサウンドロゴにあったのではなく、世の中の状況に合わないCMの大量オンエアであったと言えます。経済復興への道はまだまだ遠いかもしれませんが、一歩ずつ確実に復興へ向けて歩いていけることを願わずにはいられません。震災に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

masa125.jpg
マサハラタニ
Gibsonブルースギターコンテストグランプリ受賞。数々の音楽ワークに携わった後、CM 音楽プロデューサーに転身。代表作は任天堂DS、ミツカン酢など。作編曲や歌手、ギターインストラクターとしても活躍中。
http://jp.myspace.com/masaharatani