ピアノ

【スタジオのツボ】生ピアノレコーディング大研究〜マイキングアレンジ編〜

ピアノを録る、と一言でいってもなかなかに奥が深いものだ。曲の雰囲気によって、音の広がりや奥行き、他の音との混ざり具合や音の粒立ちなどを計算して録らなくてはならない。
サンプリング音源やプラグインシンセ等の音色もニュアンスは本物に近づいていることは確かだが、ピアノやバイオリン等の弦楽器はやはり生楽器には勝てない。ピアノがあるレコーディングスタジオをレンタルということになると、コスト的にも大掛かりなものになるし、もっと気軽によい音で録る方法は無いものか。
そこで今回はリハーサルスタジオを使ってピアノをよい音で録る方法を研究してみたので紹介したい。

【ピアノを録るための必要条件3か条】

1. コンディションが良好なピアノを選ぶ

サウンドスタジオノアのピアノなら大丈夫。全店のピアノを専属の調律師が定期的に調律、整音をしているので状態は良好だ。湿度、温度管理もしっかりしており、必要に応じて事前調律も頼める。
【事前調律:¥7,350】

2. ルームアンビエンスを考える

ピアノのキャラクターに影響を与える部屋鳴りはかなり重要だ。バンドアンサンブルを考えたドラムセットがあるスタジオは全体的に吸音面が多いので響きが少ない。そして、マイクの位置と弾く位置とで、音が違って聞こえたりもするので注意が必要だ。スタジオが空いていれば見学も可能なので出音を耳で確認しよう。

3. スタジオの遮音効果を確認する

ピアノ録音用にゲインを上げたマイクは周囲の音を拾いやすい。近隣を通る車の音やスタジオが隣接していればその音漏れ等、周囲の音が入りにくい場所を探そう。こちらも空いているスタジオを見学するなどして、実際に自分の耳で確認をしてみるといいだろう。

【マイキングアレンジ大研究】
マイキングアレンジによって、同じマイクでもここまで音が違う!! 実際に音を録って確認しよう。

「近接効果を狙う!」

ガンガンにへばりつくようなピアノ音を録るなら、ハンマーにより近い位置を狙ってみよう。プラス、少し遠くからアンビエントを録ると音に広がりが出る。場合によってはグランドよりもアップライトのニュアンスが目標に近い場合もある。

piano09_1.jpg

「音に広がりを持たせる!」

ピアノは弦だけで音を鳴らしているわけではないことは周知の事実。共鳴板や胴全体を鳴らすことであの豊かな音世界を繰り広げている。少し遠めから、人の耳の高さの位置にマイクを設置するとバランスよく音が録れる。

piano09_2.gif

ピアノレコーディングに欠かせないのがペアマイク。
ペアでレンタルできるマイクを活用しよう

サウンドスタジオノアでレンタル中のペアマイク

AKG C-214  三軒茶屋店・駒沢店

piano09_3.gif

AKG C-451B 野方店・池袋店

piano09_4.gif

RODE NT-5  初台店・下北沢店・高田馬場店

piano09_5.gif

【サウンドスタジオノアでピアノレコーディングするならココ!!

サウンドスタジオノア野方店 E2st
建物の最上階にあり、他のスタジオの音の影響を受けにくい。また、ある程度の広さが確保できるのでルームアンビエンスも良好だ。

piano09_6.jpg

サウンドスタジオノア下北沢ANNEX 2st
弦楽器四重演奏のリハーサルが可能な広さで余裕がある。部屋鳴りがやや低域よりなのと、ピアノサイズもC7と大きいので、低域には注意したい。

piano09_7.jpg

サウンドスタジオノア初台店 Cst
バンドアンサンブルと一緒にかんがえるのならココだ。ピアノの状態も良好でヤマハらしいブリリアントかつ明るい音を録れそうだ。

piano09_8.jpg

【サウンドスタジオノアの変わり種キーボードを紹介】

HAMMOND XK-3 210- / 1h
初台店

piano09_9.gif

CLAVIA Nord Electro 2 210- / 1h
渋谷2号店・池袋店・下北沢店・都立大店

piano09_10.gif

ROLAND RD700GX 315- / 1h
野方店・都立大店・初台店・駒沢店・三軒茶屋店・代々木店

piano09_11.gif

KORG Micro KORG 105 / 1h
自由が丘店

piano09_12.gif

Steinway&Sons B-211   / 1h(常設)
池袋店 3st

piano09_13.gif

YAMAHA C7LA  / 1h(常設)
下北沢ANNEX 2st

piano09_14.gif

YAMAHA C5LA  / 1h(常設)
下北沢ANNEX 1st

piano09_15.gif

【自分の音源を残したいピアニストの方へ朗報】

レコーディングスタジオ・サウンドアーツでは、あなたの貴重な音源をエンジニアが伺い録音してくれる。目的や予算に合わせて、さまざまなプランを用意。プレゼン用の音源制作から、CD制作、ホールでの出張レコーディングまであらゆる場面に対応している。利用料金は【スタジオ代プラス¥15,000-/6h】から。
お問い合わせ :サウンドアーツ TEL 03-5731-2111

piano09_16.jpg