音楽とお仕事

【コラム】音楽とお仕事 /篠原 健 (有限会社イージャズ代表取締役)

「ネットでミュージシャンの活動を支援」

 もともと「音楽」、「英語」に興味のあった私は、高校を卒業してアメリカの大学に留学し、音楽を専攻しました。1995年に卒業はしましたが、当時、好きな音楽だけで食べていけるような実力はなく、アルバイトをする傍ら音楽活動をする日々でした。経済的に厳しいこともあり、一般企業への就職も考えたのですが、大学で音楽を専攻していた私にとって普通に就職することは難しく、将来を不安に感じるようになりました。
 その時に私はある決心をしました。それは「音楽はいったん止める」ということでした。当時は、ウィンドウズ95の販売が始まった時期で、いわゆるIT革命全盛期であり、インターネットが爆発的に普及し始めた時代でした。そんな中で、とにかくニーズのある技術を身に付けることが最も良い手段だと考えた私は、コンピュータ技術者になることを目指したのです。
 私の決断とインターネットの普及時期は、ちょうどタイミングが良かったようです。私はインターネットを使いいろいろなことを学んでいくうちに、このインターネットの持つ可能性にとても興奮したことを今でも覚えています。そして、この仕組みを使って「自分でも人の役に立てる情報を発信する仕組みを作ってみたい」と考えるようになりました
 「音楽を学びたい」とか、「音楽について知りたい」という人達はもちろんのこと、まだ音楽の良さに気づいていない人たちに向けても「音楽と出会うきっかけ」になるようなサイトを作ろうと思い、「@ジャズ」を立ち上げました。現在もジャズの入門講座やアーティスト情報、バンドメンバー募集といったサービスはもちろん、楽器、チケットのプレゼントといったユーザー様に有益な情報を多くご提供しております。今後もユーザーの方々の意見を積極的に取り入れて、さらに音楽の普及に貢献できるサイトを目指そうと考えています。

oshigoto09_shinohara.jpg

篠原 健
有限会社イージャズ代表取締役

外資系のソフト会社に勤める傍ら、ジャズポータルサイト@ジャズ(アットジャズ)を構築する。現在、ジャズを中心とした音楽の普及に貢献、ミュージシャンの音楽活動支援を目的とし@ジャズを運営している。