ドラム・パーカッション

【レポート】五十嵐公太 Drums & X(Others)PRESENTS スペシャルクリニック第5回/第6回

第5回開催レポート ゲスト
菊地”ANNIE”英二 .Drums( ex. THE YELLOW MONKEY, BIG BITES)
2009.11.7(sat) at サウンドスタジオノア初台店Cst

kohta_5th_s_1.jpg

毎回、さまざまなパートの有名実力派ミュージシャンとのコラボレーションを実現しているドラマー、五十嵐公太のスペシャルクリニック。
第5回のゲストは、THE YELLOW MONKEYなどで有名な菊地”ANNIE”英二氏。
今回はトークを中心にやりたいとの五十嵐氏の言葉どおり、スティックや靴、東京ドームや武道館など会場などについて、多岐にわたる密度の濃い話がたくさん聞けた。
中でも興味深かったのは、バンドメンバーの話。女性ボーカルバンドの象徴とも言えるJUDY AND MARYを経験した五十嵐氏が、女性メンバーがいるバンドについて語った。次に、メンバーに兄弟がいるバンドの象徴とも言えるTHE YELLOW MONKEYを経験した菊地氏が、兄弟でバンドをすることについて語った。これら二つの話は、とても貴重かつ参考になるものであった。
質問にもたくさん答えてくれた。
途中、参加者に実際にドラムを叩いてもらってアドバイスする場面もあり、気がつけば過去最長の2時間30分のクリニックとなった。

kohta_5th_s_2.jpg

第6回開催レポート ゲスト
満園庄太郎.Bass (ex. B’zサポート, ATOMIC POODLE)
2009.12.5(sat) at サウンドスタジオノア初台店Cst

kohta_6th_s_1_.jpg

このクリニックは全12回。前半そして2009年最後となる第6回のゲストは、ATOMIC POODLEなどで活躍中のベーシスト満園庄太郎氏。
演奏では、現在2人が同じバンドをやっていることもあり、完璧に息のあった見ごたえのあるリズムセクションを聞かせてくれた。
トークでは、満園氏から「LED ZEPPELINのグルーヴの秘密」や「B’zのサポートを通して勉強になったこと」、「ベースを弾く上での意識の持ち方」など、興味の尽きない話が。五十嵐氏、満園氏、両氏の「テレビでの演奏秘話」も、ふだん聞けない話で大変興味深かった。
音楽から始まった話題でありながらも、最後には人生に通じるような貴重な話も。「最初興味がなく好きでないものでも、やっていくうちにだんだんできるようになると好きになっていく(満園氏)」「好き嫌いだけではなく、合う合わないということがあることも考えなくてはいけない(五十嵐氏)」など。
音楽を通していろんなことも学べる。このクリニックの可能性は、まだまだ広がっていきそうだ。

kohta_6th_s_1.jpg

kokuti.jpg

Drumming High Vol.3

druminghigh.jpg

渋谷WOMB2010.3.13開催決定!

来る2010年3月13日、渋谷WOMBにて、観客参加で一体となって進行する打楽器だけのアンサンブルイベントDrumming High Vol.3が開催される。観客を率いるのは、日本を代表するドラマーの五十嵐公太と酒井麿。会場に用意された様々な打楽器で、会場全体が生み出すビートを一緒に体感してみてはどうだろう!
詳細はwww.drumminghigh.com/