ドラム・パーカッション

【レポート】五十嵐公太 Drums & X(Others)PRESENTS スペシャルクリニック第3回/第4回

第3回開催レポート
ゲスト 三柴 理 . Piano(ex. 筋肉少女帯)
2009. 9. 19 SAT at サウンドスタジオノア三軒茶屋店Cst

03.jpg

毎回、豪華ゲストを迎えて行われるドラマー五十嵐公太のスペシャルクリニック。
第3回のゲストは、筋肉少女帯などで有名な三柴理氏。全12回の中でも、エレクトリックドラムでのクリニックは今回だけ、という貴重な回となった。いつもと違い、楽器も向かい合わせでセッティングされており、新鮮な雰囲気があった。
冒頭、五十嵐氏が「ライブのようなクリニックになる」と言っていたとおり5曲演奏され、五十嵐氏のドラムを叩きながらの巧みな機材操作や三柴氏の鬼気迫る演奏に参加者全員見入っていた。
トークでは、五十嵐氏から三柴氏へ「どうして外に出ないの」との質問が。その答えは、「練習がしたいから」。しかし、「音楽で会話ができると言うけれど、今回こうして演奏してみて、改めて人と演奏するのは楽しいと感じました」とも語っていた。
生楽器の文化が廃れていくことに歯止めをかけたいということで意見が一致した五十嵐氏と三柴氏。今後、生ドラムとグランドピアノでのクリニックも期待したい。

03seminar_ph.jpg

第4回開催レポート
ゲスト MASAKI . Bass( CANTA、 地獄カルテット)
2009. 10. 10 SAT at サウンドスタジオノア三軒茶屋店Cst

sem04.jpg

第4回のゲストは、CANTAや地獄カルテットで活躍中のベーシストMASAKI氏。
「イエイ!」との大きな声とともに、MASAKI氏登場。「テンションだけは、誰にも負けない!」とのことで、そのテンションの高さは機材のセッティングにも表れていた。自ら持ってきたという真っ赤なマイクカバーに、スタジオという狭い空間にも関わらずベースはなんとワイヤレス!
トークが始まると、五十嵐氏とMASAKI氏の意外な出会いの話から。そして、五十嵐氏からMASAKI氏に「なんで、そんなにフレーズが速いの」との質問が。「とにかくギターが憎かった(笑)」と答えた後、「ベース雑誌というのが、そのころはまだなかったので、ギター雑誌に載っているフレーズを練習していたせいかもしれない」と付け加えた。
参加者と五十嵐氏、参加者とMASAKI氏のセッションもあり、演奏後は、参加者にていねいにアドバイスをする場面も。
演奏面では、ベースを十手で弾いたり、参加者から出された『ピンク』というテーマでの即興演奏があったり、演奏しながら参加者の中に乱入したり(これがワイヤレスの理由か!)と、盛りだくさんの内容であった。
今回は3回通しチケットの初めの回だったので、五十嵐氏の生ロールが鳴る中、MASAKI氏から3回通しチケット購入者のみに配られる特製のパスが手渡され、閉会となった。

04_seminar_.jpg

今後のDrums&X(Others)スペシャルクリニック情報

第6 回 12月5日(土)
開場:16:30/ 開演:17:00/ 会場: サウンドスタジオノア初台店Cst

チケット絶賛発売中 ¥3,500
■お申し込み、お問い合わせ先:TEL. 03-5432-7221(三軒茶屋店)
info@studionoah.jp(担当:今井)
※入場は整理番号順となります。※立見になる場合があります。

mitsuzono.jpg

セミナーに参加する皆さんへ。 公太さんとはここ一年、アトミックプードルのライブやリハーサルでジャムりまくっています。セミナーに参加する皆さんにはその音の膨らみを至近距離で体験してもらいたいです。そしてこの日はアトミックプードルのツアーが終わった直後で超馴染みの良いリズムセクションになっているでしょう。この日にしか起こらないスペシャルなセッション! 俺自身非常に楽しみです。(満園庄太郎)

その他のセミナー情報

西川進 スーパーギターセミナー開催!
11月21日(土)
開場:17:30/ 開演:18:00/ 会場: サウンドスタジオノア三軒茶屋店1st

チケット絶賛発売中 ¥2,500
■お申し込み、お問い合わせ先:TEL. 03-5432-7221(三軒茶屋店)
info@studionoah.jp(担当:今井)
■チケット発売場所:サウンドスタジオノア全店 店頭

nishikawa.jpg

サウンドスタジオノアでは、来る11月21日(土)三軒茶屋店1stにて、超絶ギタリスト西川進氏によるギターセミナーを開催することが決定!! 西川氏といえば、ステージの上では感情が爆発するぶっ飛びギタリストに豹変し、奇抜で突拍子もないステージングで観衆を魅了する超有名ギタリスト。そんな彼のギタープレイをスタジオで体感できることはとても貴重な機会。オーディエンス参加型の斬新なギターセミナーになるということでとても楽しみだ。