編集部コラム

【スタジオのツボ】「8の字巻き」

hachinoji_img.jpg

■「8の字巻きできますか?」

あなたは8の字巻きができますか?(表1)「何、それ?」とか「実は、できないんです。」という人、やっぱり音楽をやってる者として、8の字巻きはマスターしておきたいところ。コタツを片付ける際、無意識のうちに電源ケーブルを8の字巻きにしていたらあなたはもう業界人!

■「なぜ8の字巻きをするの?」

では、何のために8の字巻きにするのか?それはほどいた時に変なクセがつかないようにするため。試しに順巻きのケーブルをほどいてみると(写真1)、ケーブルがクルクルというクセが付いてとても扱いづらくなっているのがわかります。

hyou.jpg

■「8の字巻きってどうやってやるの?」
ここで、実際に8の字巻きのやり方をご説明しましょう。

hachinoji_01.jpg

▲まず順巻きをします。ケーブルは手の内側で回します。

hachinoji_02.jpg

▲引っ張って調節して、程よい大きさに輪を作ります。

hachinoji_03.jpg

▲今度はケーブルを手の外側で回し、輪を作ります。

hachinoji_04.jpg

▲これを何度も繰り返していき、素早く巻いていきます。

hachinoji_05.jpg

▲最後に先端を1周させ、その輪に通せばこれで完璧!!

■「リハスタ店員、驚異のスピード!!」

リハーサルスタジオでは、お客様が使い終えたケーブルを1日に何本も巻き直さなければいけません。ケーブルを巻くのに時間を取られては十分な対応が出来ないため、店員は皆、常人離れしたスピード(表2)でケーブルを巻いていきます。何気なくやっているように見えますが、実はすごい事をやっているのかも!?

hyou2.jpg

サウンドスタジオノアのスタッフの中で八の字巻き最速を決める為に行なわれた
【第1回8の字巻きコンテスト】の模様がコチラ▼

【ルール】
10mのケーブルを8の字巻きで巻いていき、3回の試技で最も早いタイムで競う。

皆様も是非一度試してみてはいかがでしょうか?